目的は風俗で楽しむことのみ!

遊ぶなら譲れないのはスタイルかな

風俗で遊ぶ際にはそれぞれの価値観に基づいて誰にするのかや、じゃあどうするのかといったことを考えると思うんですよ。もちろんそれは全然悪いことじゃないというか、むしろ風俗をより楽しむためには多少のこだわりも大切かなと思いますよ。自分の場合はスタイルです。巨乳が好きなだけじゃなく、やっぱりスレンダーとまでは言いませんけどくびれくらいはあってもらいたいなと(笑)巨乳とくびれであればくびれの方が好きなくらいなんですよ。やっぱりそこは自分でも結構気にするというかどういった風俗嬢だと自分の気分が高まるのかはさすがに自分でも分かってきましたので、じゃあどうするのかってことを冷静に考えた時、やっぱりくびれかなと(笑)くびれがある女の子なんて今の風俗ではそんなに珍しくないかもしれないので、条件としてはそこまでのこだわりではないんですけど、でもやっぱりここは結構大切な部分なんじゃないのかなって思いがあるんですよね。

満足を与えてくれるのは…

満足をもたらしてくれるのは風俗嬢であって風俗嬢じゃないんです。これはきっとベテランやマニアほど納得してもらえるんじゃないですかね。それまでは自分もどうしても風俗嬢頼みというか、何を遊ぶにしても良い風俗嬢を指名すればそれで間違いないだろうっていう気持ちが強かったんですよね。でも違うんです。もちろん風俗嬢の存在感そのものもとっても大切だということは否定しませんけど、それだけじゃないんですよね。自分の気持ちというか相手に対してどれだけ近寄れるのかや協力的になれるのか。それが満足感を占うカギの一つなんじゃないのかなって思ったんです。確かに風俗っていろいろなものがありますので、女の子を誰にするのか考えるのは良く分かるんですけど、女の子を選んで終わりじゃないんです。選んだ女の子と一緒の時間を楽しむことこそ、重要なんじゃないのかなと。そのことに気付くことが出来たのもあって最近では風俗がより楽しいものになっています。